Columコラム

2017.09.05

好きな人が風邪をひいた!「熱があるかも?」への女神対応とは?

季節の変わり目や夏バテを引きずりやすい今の季節。

夏の疲れで、体調を崩している人もいるのではないでしょうか?

 

shutterstock_299970350
(c) Shutterstock.com

 

あなたの好きな人からも「風邪ひいたかも…」と連絡が来るかもしれません。

人の不調を「恋のチャンス」呼ばわりしたら怒られそうですが……

体調を崩してピンチな時こそ、二人の距離を縮める絶好のチャンスなんです。

実際に、私のまわりで起こった「体調不良きっかけの恋」をご紹介しましょう。

 

「仕事のストレスで体調を崩している時に、同僚に助けてもらって付き合うことに。その後、交際を経て結婚!」

「一人暮らしの男友達が風邪をひいたので、心配してお見舞いに行ったら、お互いの恋心に気づき、友達以上の関係に発展」

「旅先で怪我をしてしまい、ホテルで安静にしていないといけない時に、知り合ったばかりの男性が、フルーツやお菓子を両手にたくさん持ってお見舞いに来てくれて、それがきっかけで付き合うことになりました」

 

ちなみに、最後のエピソードは、私の体験談です(笑)

ピンチをチャンスに変えるためにも、彼が風邪をひきたときのシチュエーション別女神対応をご紹介したいと思います!

 

LINEで彼から「風邪ひいたかも…」ベスト回答は?

shutterstock_578985667 
(c) Shutterstock.com

 

まずは、真っ先に「大丈夫?」「心配!」と、彼を労いましょう。

具合が悪い時にLINEのやりとりが長引くのはしんどいもの。

手短にポイントを押さえたメッセージを送ります。

まずは、どのくらい具合が悪いか確認

「大丈夫?心配だよ。家で休んだら回復しそう?病院行った方がいいレベル?」

次が、重要なのですが、彼は「お見舞いに来て欲しい」のか、「ひとりで休みたい」のか。

彼がして欲しいことを確認します。

「必要な買い出しはある?迷惑じゃなければ、家まで届けるよ!」

「今日は、時間あるから、お見舞い必要だったら言ってね!」

テキパキと短文メッセージで彼の意思を確認して、出動待機しておきましょう。

「弱っている彼を看病して気が利く私アピール」があからさまに態度にでると、彼にとってはありがた迷惑なだけ。

どんな時でも「おしつけ」は良くありません。

彼の病状が気になっても、小刻みにメッセージを送ることは控えておきましょう。

 

彼から電話で「熱があるかも…」と言われたら?

基本的には、LINEの対応と同じ。

大事なのは、彼の体調回復を最優先した気遣いです。

電話をかけてきた彼には、あなたの声を聴いて安心したい、心配されたいという甘えの気持ちがあるはずです。

もしかしたら、お見舞いや買い出しをお願いしたいのかもしれません。

彼の心細い気持ちに寄り添ってあげましょう。

風邪で頭がボーっとしていることもあるので、早口で話したり、長電話は、彼を疲れさせてしまって逆効果。

「声は低め、ゆっくり」話しかけると聞き取りやすいです。

「ゆっくり休んでね」「いつでもお見舞いに行けるよ」と伝えた後には、半日くらいはこちらからの連絡を控えて様子をみましょう。

もちろん、彼から連絡が来た時は、すぐに応答しましょう。

 

彼がデートの最中に具合が悪くなったら?

 shutterstock_510772972
(c) Shutterstock.com

 

もし、デートの最中に、彼の具合が悪くなってしまったら、「デートがドタキャンでガッカリ!」というあなたの気持ちはとりあえず置いておいて。

デートを早く切り上げることが、本当の思いやりです。

「自分が彼の立場だったら…」と想像して、冷静に行動してくださいね。

デートの帰り道は、男性が女性をお見送りするのをよしとする価値観があると思いますが、彼の具合が悪い時は、立場逆転。

「大丈夫?駅(家)まで送ろうか?」「タクシーつかまえようか?」「看病してあげるよ」と提案してみて。

もし、お見送りを遠慮されてしまっても、気にしすぎないこと。

ひとりで帰って休みたいという彼の事情もあるでしょう。

これから寝込むことを想定して、近くのドラッグストアやスーパーで、水分補給用の飲み物、食欲がなくても簡単に食べられそうなもの、のど飴や薬を2食分程度(荷物が重くなりすぎないように)買ってもたせてあげましょう。

イメージとしては、「上京したてで風邪をひいた我が子を心配する田舎の母」になったつもりで。

対面で気遣いができる時は、気をまわして、「ややおせっかい」くらいでちょうどいいのです。

 

人生、病める時も健やかなる時もあります。

ベストなコンディションの彼だけじゃなく、弱っている彼だって愛おしいはず。

彼にとっては、ピンチな時にうまくフォローしてくれる女性こそ、ずっと側にいて欲しい存在となっていくでしょう。

彼の回復を待ってから、「また、今度、元気な時に会おうね!」とさりげなく次回のデートのおねだりをしてみてくださいね。

次のデートでは、今までよりも、ぐっとふたりの距離が近づいたことに気づくはずです。

→ 続きはこちら

一覧へ戻る

Copyright© 2015 OLIVIA All rights reserved.