Columコラム

2015.10.23

彼とはじめての69を楽しむコツ

夜オンナ

 

セックスが下手な彼をセックス上手に育てていくこのコラム。

彼の“イマイチ”なセックス、今回は、「シックスナイン編」です。

 

「69(シックスナイン)」とは、女性と男性が相互オーラルセックスをする愛撫のこと。

ようするに、クンニリングスとフェラチオを重なり合いながら行います。

シックスナインを実践する前に、オーラルセックスがふたりの愛撫のスタンダードになっていないと、実践するのが難しいかもしれません。

なので、上級者向けの愛撫テクニックと言えます。

一方通行のオーラルセックスとは、一線を画した特別な性技であることを念頭に置いて読み進めてください。

 

シックスナインの魅力は、“お互いに性器を舐め合うという合理性と、陰部を顔前にさらけ出すという羞恥心と精神的解放感のせめぎあい”です。

シックスナイン愛好家の男性に語らせると、「迫りくる臀部に、女性に征服されるというM的興奮をくすぐられ、変態性と一体感が共立する恍惚がある」と言います。

奥深いセックスナインの世界ですが、今回は、ビギナー向けに「彼とはじめてのシックスナインを楽しむ時に気をつけておくこと」をご紹介したいと思います。

 

彼とはじめてのシックスナインを楽しむ方法

 

STEP1:添い寝フェラからのスムーズなシックスナイン

 

いきなり「シックスナインしよう!」と言うのは、ちょっと気が引けてしまうかもしれません。

そういう時は、彼の隣に密着添い寝のポジションでフェラチオを始めます。

お尻は彼の顔の方に向けておいて。

フェラをしながら、お尻をもぞもぞと振ってアピール。

「私のことも、舐めてほしい」と伝えれば、スムーズにシックスナインのポジションに移行できます。

 

STEP2:ふたりのベストポジションを探そう!

 

お互いの羞恥心と体勢をいたわり合うことも気をつけましょう。

男女どちらが上になるか?それとも添い寝で行うか?

まず、ふたりの身長差や体重で「苦しくない体勢」で行うことを優先させて。

男性が上になるスタイルのシックスナインは、男性の体格がいい場合は、女性への体重負担が大きく、苦しくなります。

次に、羞恥心。どちらかが恥ずかしがりすぎると心からシックスナインを楽しめません。

どちらかというと、上側で四つん這いになった方が恥ずかしく感じる場合が多いので、体勢と羞恥心のバランスをみながら、ふたりのベストポジションを探ってみましょう。

 

STEP3:イカせ合いにならないように要注意!

 

お互いの舐めるテンポとリズムがなるべくシンクロするのが、“愛の共同作業”的なシックスナインの形。

「どちらが早くイカせるか?」に重きを置いたイカせ合いにならないようにくれぐれも注意してくださいね。

 

彼と“変態的な秘密”を共有することは、ふたりのマンネリ防止に役立ちます。

まだ未体験の方は、新しい愛撫のスタイル、シックスナインにチャレンジしてみるのもアリだと思います。

一覧へ戻る

Copyright© 2015 OLIVIA All rights reserved.