Columコラム

2014.08.14

睡眠での癒し 「熟睡アロマで睡眠を丁寧にとる」

natsunoiyashi

 

蒸し暑さで眠りが浅くなる夏の熱帯夜。


暑さによる寝不足は、昼間の仕事の集中力を削ぎ、疲労がなかなか回復しないという悪循環のモトに。

この時期、お肌も夏バテ気味になっていませんか?


美容と健康の大敵「睡眠不足」。1分でも長く良質な睡眠をとるために、熟睡アロマを上手に活用しましょう。

 

安眠効果のある香りといえば「ラベンダー」が有名ですが、夏の夜にピッタリなのは清涼感のある香り。


今回は「ミント」と「レモングラス」の香りをご紹介します。


ミント」は、誰もがかいだことのあるスーッとする香り。

「ペパーミント」と「スペアミント」の2種類がポピュラーです。

キリッとした辛みのある香りがお好みの人には、メントールの強い「ペパーミント」、ほんのり甘みのある香りがお好みの人には「スペアミント」がおすすめです。


レモングラス」は、タイ料理のトムヤムクンでもおなじみのハーブ。

お部屋の嫌なニオイや汗のニオイを消してくれる、消臭効果に優れています。

エッセンシャルオイルを入手したら、さっそくアロマテラピーを試してみましょう。


いちばん簡単に香りを楽しむ方法は、ティッシュペーパーにエッセンシャルオイルを1滴垂らして、香りをかぐこと。これだけでも、立派なアロマテラピーです。


お休み前に香りを楽しむなら、オイル染みが付いても構わないハンカチに、オイルを1滴垂らして枕元に置きます。強く感じるようなら少し離しましょう。ほんのりと香るくらいの方が眠りの妨げになりません。


より本格的に香りを楽しみたいなら、ディフューザーがおすすめです。


空気の振動でエッセンシャルオイルの微粒子を拡散させたり、水とオイルを超音波でミスト化して拡散させるディフューザーは、熱を加えないのでエッセンシャルオイル本来の香りを楽しめるスグレもの。

火を使わないから夜でも安心してアロマを楽しめます。


涼を感じる香りに包まれれば、夏の夜も爽やかな気分でぐっすり眠れますよ。

 

→ 続きはこちら

一覧へ戻る

Copyright© 2015 OLIVIA All rights reserved.