Columコラム

2012.08.17

Lesson4-1 聴覚 彼をその気にさせる言葉づかい

セックス中「声」や「言葉」で損をしている女性が急増中!

 今回からは、「聴覚」のレッスンに入ります。セックスは究極のコミュニケーションと言われていますが、その中でも「言葉」や「声」は、自分の想いやパッションを伝える大事な要素。男性の「耳」に優しく響くリクエスト方法、エロティックに盛り上げる方法を学んでいきましょう。 前回ご紹介した、「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」 で開催された恋愛のワークショップに参加した時に、アテンドの方が恋愛をする時には、相手のどこに魅力を感じるのかの話題で盛り上がりました。 真っ暗闇を案内してくださるアテンドの方は、目が見えません。 ルックスなどの視覚から得られる情報以外のどこに注目しているのか気になるところですよね。男女ともに、意見が多かったのが、喋る内容(思想)、喋り方、声質でした。中には、「女性の足音でその人が美人かどうかわかる」と言っていた方も。

 私は、職業柄、女性と会話することが多いのですが、喋り方や伝え方で損をしている女性が多いなぁと思います。話すことを職業にしている方以外は、普段の日常で、自分の声や話し方を意識するきっかけは、なかなかないかもしれません。

たとえば、女友達といる時の喋り方と、彼とのデートでの喋り方を使い分けていますか? 彼との日常会話とベッドでの会話の声質に変化をつけていますか? 関係が近いからと言って、彼への不満やダメだしがきつくなっていませんか?

 「考えてもみなかった!」というあなたは、要注意。 セックスに関して、妙にデリケートになる男性をその気にさせるも、ダメにするも「耳」が鍵なのです。

→ 続きはこちら

一覧へ戻る

Copyright© 2015 OLIVIA All rights reserved.