Columコラム

2016.08.28

「おかん」キャラから官能的な女へ!体当たりでつかんだ究極のメソッド

色気がなかった「おかん」時代

OLIVIA オーガズムフル・ライフ セックス
©dario perrone

 

 こんにちは!
ラブライフアドバイザーのOLIVIAです。
私は、「女性たちが、もっと自由に楽しくセックスを楽しむ方法」をメディアや講座で皆さんにお伝えしていますが、何もはじめから、恋愛やセックスを謳歌していたわけではありません。

 そもそも、セックスに至る前段階でも躓きまくっていました。
10代後半から、一人暮らしを始めたことや海外留学で、食生活がコントロールできずに、1年間で±10㎏の体重の増減があり、痩せている時は恋愛も気分も好調だけど、デブ期は、自分のカラダがコンプレックスで、恋愛にも後ろ向き。明るい場所でのセックスなんて絶対イヤ!と思っていました。

 それに、男友達には、「おかん」と呼ばれ、夜食を作ったり、友人たちを家に泊めても何事もないような関係になることも多く、「友達以上」の関係に発展させるのが、なかなか出来ない。ましてや、色仕掛けなんて、絶対に無理!
お色気とは無縁の状態だったのです。

 いざ、行為に至っても、セックス相手の一挙一動を気にして落ち込んだり、振り回されたり、私の元にやってくる相談者と同じように、「セックスをもっと主体的に楽しみたいのに、できない…」と思っている控えめで保守的な女性でした。

 好意を寄せる男性のセフレから彼女に昇格できなかったり…
フェラチオで「歯が当たる!」とダメ出しされたり…
騎乗位で上になってみたものの、どうやって動いたらいいかわからず、挙動不審になったり…
「中イキ」がどんなものかわからなかったり…

 そんな私が、一念発起して、「色気のある女性になるためには?」「セックスで彼を虜にするには?」を、実直に研究し始めたのです。
あまりに真剣に追求していくうちに、人様にそのメソッドをお伝えする立場にまでに至りました。

おかん時代の証拠写真

 最後に、友人たちの間で、ネタとして語り継がれている当時の写真もお見せしましょう。

 こちらが当時の写真!

→ 続きはこちら

一覧へ戻る

Copyright© 2015 OLIVIA All rights reserved.