Columコラム

2018.10.07

「肌キレイだね!」と褒められる美肌ベースメイク~ファンデ選び編~

 

毛穴・乾燥・シミ・クマ・シワ・くすみなど、肌の悩みは季節の変わり目や加齢とともにやってきます。

「塗れば難を隠せる」のが、ベースメイクの強み。

でも、「肌の悩みを隠したいけど、厚塗りにはなりたくない」ですよね。

ファンデーションの厚塗りは、一気に老けて見えてしまうし、素肌の自信のなさがバレバレ。

「肌(皮膚)は人体最大の臓器」ですから、肌ツヤの良さ=その人の健康度と捉えることもできます。

若い頃と違って、ちょっと無理をすれば肌に不調が出てくるアラサー・アラフォー世代の女性たち。

第一印象で「疲れてる…?」「顔色悪くない…?」と不健康に見えるのは避けたいものです。

そんなアラサー・アラフォーの肌の悩みを救ってくれる、“ベースメイクテク”があるんです。

10月21日にオリビアとコラボセミナーを開催するヘアメイクアップアーティストのカヤハラリサさんに、明日からすぐ使える!「肌きれいだね」と褒められるベースメイクのマル秘テクを教えてもらいました。

 数多くの女優、アーティスト、タレント、モデルから支持を得ているリサメイク。

その美肌ベースメイクテクを全6回のシリーズで、紹介していきます。

第2回目は、「ファンデーションの選び方」です。

 

ファンデーション選びのポイントは?


「ファンデーション選びで一番大切な事は、『どのような肌の質感に仕上げたいか?』ということです。ひとくちに『キレイな肌』と言っても、『ツヤのある肌』『透明感のある肌』『マットな肌』『みずみずしい肌』『ノーメイクのように見えるけど実はしっかりメイクされている肌』など多様です」

「ライフスタイル(例えば職場や環境)などによって、その日の肌をどう仕上げたいのか?も変わってきますよね。自分の肌タイプと、なりたい・見せたい肌をしっかり整理して、『クリーム』『リキッド』『パウダー』『クッション』のファンデーションをセレクトしましょう。」

コメント:カヤハラリサさん

 

クリームファンデーション

油分を含むこってりしたテクスチャー。
とにかくカバー力重視でシミやそばかすなどを隠したい、しっかりめのメイクをしたい、潤いを保ちたい人、乾燥肌の方におすすめです。


カバー力◎
透明感○
ツヤ感○
保湿力◎

 

リキッドファンデーション

伸びが良く肌への密着感が高く伸びがいい。

ツヤ肌、透明感のある肌が好きな方におすすめ。

カバー力○
透明感◎
ツヤ感◎
保湿力◎

 

パウダーファンデーション

粉タイプのファンデーションで最もメジャーです。均一にムラなく仕上げやすい。
時短でメイクを仕上げたい方、薄づきメイクが好きという方におすすめ。
持ち運びが便利で手軽に使えるので外出先でのお直しも簡単です。

カバー力○
透明感○
ツヤ感○
保湿力△

 

クッションファンデーション

柔らかいスポンジにあらかじめファンデーションをしみこませている形状のファンデーション。

手を汚さずにツヤ肌を作ることができ、パウダーの手軽さとリキッドのカバー力を併せ持った新しいファンデーションです。

乾燥肌、混合肌の方におすすめ。

カバー力○
透明感○
ツヤ感◎
保湿力○

 

色選びのポイント

お店でファンデーションを選ぶ時は…

「手の甲ではなく、目の下の三角ゾーンかデコルテと合わせます。自然の光の下で、ファンデーションの色が自分の肌にマッチしているかどうか確かめてから、購入する色を決めることをおすすめします。時間が経ってもくすまないかを確認しましょう。小顔効果が欲しい時は、ワントーン暗めの色を選ぶことをおすすめします」

コメント:カヤハラリサさん

自分の部屋では…

「なるべく自然光が入るところでメイクをすると、ナチュラルな仕上がりになります」

コメント:カヤハラリサさん

 

いかがでしたか?

あなたが理想とする肌質に近づくファンデーション選び。

「肌、きれいだね!」と言われるように、自分の肌に合ったファンデーションを見つけましょう。

 

 

カヤハラリサ

ヘアメイクアップアーティスト

2002年よりCM、TV、雑誌などを中心に幅広く活躍。その確かな技術と持ち前の明るい性格で、数多くの女優、アーティスト、タレント、モデルから支持を得ている。

 

▼詳細・お申込みはコチラから▼

一覧へ戻る

Copyright© 2015 OLIVIA All rights reserved.