Profile

OliviA

ラブライフアドバイザー

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • note

OliviA(オリビア)

1980年生まれ。

ラブライフアドバイザー
アロマセラピスト

2007年より性に関する総合アドバイザーとして活動開始。
メディア出演、書籍12冊出版DVD販売、カウンセリング、スクール運営、企業研修など、多方面で「女性が主体的に楽しむ性生活」の提案を行う。

日本のみならず、台湾での書籍出版、マカオで開催された展示会での講演、アメリカ・フランス・オランダなど海外のメディアから「日本人の性事情」について取材を受けるなど活動の場を広げる。

アロマセラピストとラブライフアドバイザーの経験から考案したスキンシップ・コミュニケーション「LOVEもみ®」は、セックスレスを解消し、豊かなパートナーシップを築くことから「夜の花嫁修業」として、口コミで広がり、日本全国から希望者が足を運ぶ。

2018年 日本では珍しい女性アドバイザーとして活動する中、結婚3ヶ月目、37才で脳血管の難病が発症。緊急入院、手術、リハビリ、夫婦での闘病生活を経て奇跡的に復帰。

 

~私がラブライフアドバイザーになるまで~

読書と絵を描くのが好きだった小学生時代、図書室で性教育の絵本を見つけ、読み始める。

第二次性徴期のドラマティックな心身の変化に興味を持つ。

グローバルな視点をもちたいと高校は英語科に入学。アメリカ合衆国の女子学生と交換ホームステイ。

大学時代は、ドラァグクイーンをとりまくクラブカルチャーに魅了され、多文化社会を肌で体験するために2001年から2002年にかけてオーストラリアに留学。

オーストラリア滞在中に、フェミニズム、ジェンダー、セクシュアリティーに興味を持つ。

帰国後、オーストラリア滞在経験での気づきを自分なりに形にするために「女性のマスターベーション」をテーマに卒業論文を執筆。

論文が注目され、共同通信社の取材を受け、新聞記事に取り上げられる。

大学卒業後、「セックスはスキンシップの最たるもの」という認識からアロマセラピストとしてスキンシップや自然療法について学ぶ傍ら、ブログやSNSで性に関する情報を発信し始める。

2007年 性の悩み相談に特化したカウンセリング会社に入社。

2008年 「48手講座」の動画が出版関係者の目に留まり、コラム連載、書籍出版に繋がる。

飽くなき探求心を持ち、現在に至る。

 

取材・講演依頼はこちら

Media, Worksメディア出演・過去の仕事紹介

TOPへ戻る

Copyright© 2015 OLIVIA All rights reserved.