Columコラム

2016.03.21

新婚の今が重要! 将来セックスレスにならないための6つの心得

  • 演出アイテム等

日本の夫婦の4割がセックスレスと言われる現在「私たちはラブラブだから大丈夫♪」と思っていても、いつか来る将来に困ってからでは時すでに遅し! そこで今回“ラブライフアドバイザー”のOLIVIA先生が、将来セックスレスにならないための対策と【LOVE☆POINT】を伝授。これをチェックして、これからずっと続く夫婦の夜のLOVEライフを円滑に楽しく、お互いが満足できる素敵な時間にしていきましょう!

 

POINT1 愛情と感謝の気持ちを表に出す

 

  • POINT1 愛情と感謝の気持ちを表に出す

そんな当たり前のこと?と思うかもしれませんが「ふたりが一緒にいる毎日を、当たり前と思わないこと。」「相手を尊敬する気持ちを常に持つ」ことは基本中の基本。日頃の相手への態度は、そのまま夜の生活にも表れるものだから、愛情表現や感謝の言葉は、毎日声に出して伝えることが大切です。

 

 

【LOVE☆POINT】
「ありがとう」「好き」は誰だって言われたら嬉しい言葉。だからこそ新婚の今のうちに習慣化してしまうのがコツ。私も最初は恥ずかしかったので、飼っている猫に向かって言う練習をしていたら、彼にも自然と言えるようになりましたよ(笑)。気張らず自然に言ってみてください。あとは慣れです!

 

POINT2 特別な時でなくてもHの話ができるようにする

 

  • 特別な時でなくてもHの話ができるようにする

彼とHに関する話は出来ますか? 日本人はどんなに仲が良いカップルでもSEXの話をタブー視する人が多いなと思います。夫婦間で出来ない話題があるのは寂しいですし、それはコミュニケーションの逃げ。恥ずかしがらずにふたりのHについて話せる仲になっておくことは、とっても大事なことです。

 

 

【LOVE☆POINT】
TVを見ながら、どんな子が好き?から始めたり、ネットでセクシー系のトピックを見ながら話してみたり、まずは軽くで良いので、ふたりの間でセクシャルな話が自然に出来る空気作りをしてみて。彼の意外な趣味が分かったり、自分のことも包み隠さず話せるようになると、ふたりのHにも良い影響を及ぼします。この記事を彼と一緒に見てみるのもいいかもしれないですね。

 

POINT3 断り方にも工夫を

 

  • 断り方にも工夫を

体調が悪かったり、すごく疲れていたり、気分が乗らなかったり……etc.彼からの誘いを断る事もあると思いますが、問題は断り方。ただ「したくない」だけだと彼だってめげちゃいます! ずっと一緒にいると関係が近いから、ついズバズバ言ってしまうのも分かりますが、ラブラブな今のうちに、気をつけておいて。新婚の今は誘われる側だけど、今後は逆になることだってあるから、長い性生活を考え、今後もずっと彼とのHを大事にしていきたいなら断り方は丁寧に。

 

 

【LOVE☆POINT】
同じ断るのでも「ムリ!」ってひと言じゃなく、期待感を連想させる断り方が◎。「疲れてるから今日は無理だけど、明日なら大丈夫そう」「今忙しいから月末までだめだけど、来月はおとまりしようね」「今日はいちゃいちゃだけして寝たいなー」とか、今はダメだけど●●なら出来る。という具体的で分かりやすい提示をしてあげるのが優しさです。

 

POINT4 自然に誘えるようになる

 

  • 自然に誘えるようになる

自分がしたいなって思う時に、誘える間柄であることも大事。直接的に口に出して言わなくても、自然とスキンシップを多めに取ったり、LINEの分かりやすいいちゃいちゃしたイラストのスタンプを送ってみたり……etc.セクシーさを前面に出すよりも、愛らしさや安心感を出すのがおすすめ。YES・NO枕だったり、夕飯が●●だったら……と、ふたりの中で誘う時の合図を決めておくのも一つの方法ですね。

 

 

【LOVE☆POINT】
彼の気持ちを自然に盛り上げたいなら、ポイントは触覚。特にヘッドマッサージが効果的。ひざまくらをして、全身をゆるめてあげながらマッサージすることで、副交感神経が優位になり、外(仕事)と家(プライベート)の切り替えが出来るようになります。
人は対面で目を合わせて話すと自然に緊張してしまうものなので、ゆったりとお互いに向かい合い、触れ合いながらの会話(でも目は合わさない)で普段言えないことも話すと◎。

 

POINT5 夜の会話力を磨く

 

  • 夜の会話力を磨く

ふたりのHをこれからもずっと楽しんでいくには、新婚の今のうちにお互いのSEXの快と不快を、きちんと伝えることのできる夫婦になっておくことが特に大事。「言わなくてもわかる」という日本人の美徳はSEXには通用しません! お互いに、どうされたらいいのか?嫌なのか?をはっきり言える関係になれれば、SEXの質が自然と上がり、セックスレスになることはほぼないと言っても過言ではありませんよ。

 

 

【LOVE☆POINT】
そうは言ってもいきなりは……というカップルなら、まずは耳掃除で夜の会話力を磨いて。見えないところを掃除してもらうときって、される側が誘導するしかないですから「ちょっとそこ痛いから弱めてー」「もうちょっと大丈夫」「そこが気持ちいい」とか、耳掃除の会話だけど、ふたりでお互いにどうするのが気持ちいいか、言い合いっこしながら抵抗感なくダメ出しできる良いきっかけに。自然と夜の会話の練習になるオススメのテクニックです。

 

POINT6 ある程度定期的にする

 

  • ある程度定期的にする

カップルによって、頻度は違うと思いますが、月1回あるかないかがセックスレスの分岐点。それより少なくなってしまった場合は、少し危機感もった方がいいかもしれませんね。途切れた状態で「まぁいっか」と放っておくとその状態がずっと続いて、再開するきっかけを失ってしまうこともあります。毎週●曜日等、ガッチリ決めてしまうと義務的になってしまうのであまりおすすめではないですが、ほどほどで良いので、ふたりのペースを今のうちにすり合わせておく事は今後のSEXライフにおいて大切なことです。

 

 

【LOVE☆POINT】
もちろん大事なのは量より質です。が、毎回毎回めくるめく快感なんてないから、いつも85点くらい。そこそこ満足してますって言えるくらいでいいんじゃないかな?って思います。気分が乗らないなぁって時もあると思いますが、ふたりでいちゃいちゃしてる間に何となく気分が乗ってくることもあるはず。あんまりこだわらずに、出来そうな時は応えてあげるのも、これからの長い性生活を継続的していく上では大事です。

 

 

大事なのは毎日のコミュニケーション!

OLIVIA先生からお話頂いたポイントは全て「相手を思いやること」と「自分の思いをきちんと伝えること」につながります。要は、日々のふたりのコミュニケーションさえきちんと取れていれば問題はないんです。ただ一見簡単なことのようでも、毎日の生活の中ではつい忘れがちなことだから、これをきっかけにふたりの時間を大切にして、これからも長く続くラブライフ☆ふたりで楽しんでくださいね。

 

→ 続きはこちら

一覧へ戻る

Copyright© 2015 OLIVIA All rights reserved.