Columコラム

2016.09.10

彼とご無沙汰なんて昔の話。今夜『シット・オン・タッチ』で彼の”その気スイッチ”をON

uploaded


ようこそ真夜中のパウダールームへ。
またお会いしましたね。

第10回目の今夜は、SEXに消極的な彼を自然にその気にさせる、“身近なアイテムを使ったSEX”についてのお話。

あれほどにまで求めあった日々はいったいどこへ――? めくるめくSEXライフを送っていたのは、もうだいぶ前のこと。最近は彼からのアプローチもめっきり途絶えて、気がつけばSEXレスになりつつある……。

だからといって、言葉で彼を誘うのは、恥ずかしいし、断られたら気まずい……。こんなときは、自然なSEXへの導入として、身近にあるアイテムを使ってみて。彼の“その気”スイッチをさりげなくONにできるはず。

SEXレス解消の糸口は、家に必ずある2つのあのアイテム

大事なのは、彼にプレッシャーを与えないスキンシップ。彼をリラックスさせる癒やしのマッサージで、まったり恋人同士の時間を楽しめば彼の心を開くことができるはずだ。

Licensed by gettyimages ®

1. クリームを使った『骨盤ゆらし』と『千手観音もみ』でスイッチON

SEXレスのカップルには、ボディクリームを使ったまったりスキンシップから、自然な流れでSEXに持ち込むことをおすすめしたい。

✔️まずは、自然に肩を揉みほぐすところからスタート

OLIVIA氏:後ろから抱きしめるようなポジションで、まずは彼の肩を揉みましょう。揉みの合間に彼を抱きしめたり、ほっぺにキスをしたり、セクシュアル・コンタクトを挟んで、彼の気分をジワジワ高めて。

出典 ラブライフアドバイザー・OLIVIA氏解説

✔️下半身のマッサージは『骨盤ゆらし』が効果的

肩を揉みほぐしてリラックスモードになったら、今度は彼の下半身――腰にもアプローチ。ここではセックスのパフォーマンスが上がる『骨盤ゆらし』を試したい。うつ伏せに寝た彼の骨盤に両手を置いたら、前後にゴロゴロと揺らして。

OLIVIA氏:『骨盤ゆらし』は、全身を弛緩させるだけでなく、男性器へのほのかな圧迫感が興奮へと誘います。その後に続くSEX中の彼のピストン運動がスムーズになるでしょう。

出典 ラブライフアドバイザー・OLIVIA氏解説

Licensed by gettyimages ®

✔️さあ、『千手観音もみ』で彼のムラムラを引き出して

うつ伏せの彼の太ももにまたがり、彼の背中にオイルを伸ばして「仙骨と背骨」をマッサージしよう。手のひらの熱で温めて、血流をよくしてあげることで、彼はムラムラしてくるはず。

OLIVIA氏:彼のムラムラを背骨に沿って脳へと持ち上げるように、仙骨から首の付け根に向かって撫で上げて。掌をぴったりと密着させ、両手を交互に滑らせるイメージで。これは「千手観音」と呼ばれるテクです。

出典 ラブライフアドバイザー・OLIVIA氏解説

2. 椅子を使った『シット・オン・タッチ』で仕掛ける愛撫

ソファや椅子に腰掛けリラックスした状態で、彼を誘う効果的な方法がある。椅子に腰掛けたままのイレギュラーな状態での愛撫が、かえって彼を興奮させるのだ。

✔️後ろから『耳キス』で疑似オーラルセックスを

椅子に座った状態の彼を後ろから抱きしめ、まずは首筋にキスして。そして耳へのキスは、とことんエロティックに。

OLIVIA氏:耳の形は女性器に似ています。耳の輪郭は大陰唇、軟骨の凹凸部分は小陰唇のひだ、耳の穴は膣口、突起はクリトリス。『私もこうして舐めて欲しいの』と疑似オーラルセックスでおねだりして 

出典 ラブライフアドバイザー・OLIVIA氏解説

✔️「私が脱がせたいの」背後から予測不能なアプローチ

椅子に座った彼を背後から抱きしめるような形で、ゆっくりと服を脱がせて。

OLIVIA氏:彼の上半身を服の上から撫でて、ボタンをはずしてトップスを脱がせたら、ゆっくり焦らすようにベルトを外し、ズボンのジッパーを下げて。彼が自分から脱ごうとしたら、「私が脱がせたいの」と耳元で待ったをかけて

出典 ラブライフアドバイザー・OLIVIA氏解説

Licensed by gettyimages ®

いかがでしたか? 情熱的な言葉や激しいボディタッチからSEXに持ち込むのは、長らくSEXレスのカップルにとっては、少々ハードルが高い。そんなときは、身近なアイテムを使って、遊びの延長のような雰囲気をつくることで、SEXへのハードルを下げて。快感の入り口はリラックスということをお忘れなく。

またお会いしましょう。

→ 続きはこちら

一覧へ戻る

Copyright© 2015 OLIVIA All rights reserved.