Columコラム

2017.11.03

【国”性”調査】結婚年数によってSEXの頻度&満足度はどう変わる?

性生活は、夫婦にとって大事なコミュニケーションの一つ。でも一体世間の夫婦は、どんな性生活を送っているの? ということで今回ゼクシィでは、国“性”調査を実施! 結婚年数ごとのSEXの頻度・満足度に関する調査結果を発表します。

同居開始1年未満カップルのSEX事情

  • 同居開始1年未満カップルのSEX事情

夫婦で一つ屋根の下で暮らし始めて1年未満のカップルはまだまだアツアツ♪ 約半数のカップルが、週に1・2回の頻度で夫婦生活を楽しんでいる様子。またSEXへの満足度も82.5%とかなり高めの結果に!

性のお悩み相談コーナー :もっとリクエストしたいけどどうすれば?

SEXへの満足度は高いものの、そんなときでも小さな悩みは付きもの。同居開始1年未満の多くのカップルが抱えていた悩みの代表「性行為において本当はもっとしてほしいことがあったけど、リクエストするのをちゅうちょしていた」というもの。そんなお悩み解決法を、ゼクシィアプリ連載「夜の★相談室」でもおなじみ、ラブライフアドバイザーのオリビア先生に教えてもらいました。

オーバーリアクションで褒めよう

オリビア先生
「今のセックスに満足していない!」という現状を女性が伝えなければ、男性は今のセックスに満足していると思い込んでしまいます。その上、ダメ出しには弱いというデリケートな存在。でも、多くの男性は「女性を喜ばせたい! 期待に応えたい」と前向きな気持ちでセックスに臨んでいます。女性の心理と性メカニズムに無知なだけで悪気はないので、ベッドの上で、積極的にコミュニケーションを取ることから始めてください。
オリビア先生
具体的には、あなたのしてほしいこと、してほしくないことを言葉と態度で伝えます。その際、やる気が出るような「褒め伸ばし」が効果的。SEXの最中、「それも気持ちいいけど、こっちの方が好き」「その触り方、好き」と、自分好みの愛撫(あいぶ)や体位をオーバーリアクションで教えてあげましょう。実際に「こういうふうにして」とお手本を見せてあげるのもわかりやすくて親切ですね。
オリビア先生
自分のリクエストを伝えた後は「あなたは、どんなふうにされるのが好き?」と彼の好みも探りましょう。ベッドの上でエロチックな会話のキャッチボールを楽しみながら、よりよいSEXを目指して試行錯誤していくプロセスは、夫婦の楽しみに変わっていくはずです。

同居開始1年以上3年未満カップルのSEX事情

  • 同居開始1年以上3年未満カップルのSEX事情

この時期のカップルは、同居生活にも慣れ、比較的穏やかな関係と生活を築いている様子。約半数のカップルが、SEXの頻度は月に2・3回程度が約4割と多数派なものの、約3割のカップルは週に1・2回の頻度でコミュニケーションを図っている結果に。SEXへの満足度も80.6%とまだまだ高め!

性のお悩み相談コーナー :性行為の目的が妊娠のためだけに……

この時期の多くのカップルが妊娠を意識するステージに入るよう。そんな時期の共通の悩みとして「妊娠を考え出した頃から、性行為が義務的になってしまった」「妊娠のためだけに性行為を行っていた」などの声がちらほら。妊娠希望中でも、性行為を楽しむ秘訣(ひけつ)はあるの?

日常からのスキンシップを大切に

オリビア先生
妊活期には、「産婦人科医に指定された日にSEXする」「排卵日を狙ってSEXをする」というカップルもいると思いますが、男性にとって、本能的な欲望を無視して射精を管理されるのは、女性が思う以上にプレッシャーとなります。また「排卵日以外はHしても意味ない」という態度をとってしまうと、その後の夫婦仲にも影響しかねません。
オリビア先生
そこで大事にしてほしいのが、妊活SEX以外のスキンシップです。このスキンシップは、ふたりのコミュニケーションを円滑にしたり、男性のセクシャル・ファンタジー(性的願望)を満たすことが目的。「排卵日以外のSEX」はもちろん、マッサージをしたり一緒にお風呂に入って体を洗い合いっこするのもいいですね。お互いをねぎらいながら、“男と女”を意識するようなエロチックなムードも大切にしてくださいね。

同居開始3年以上5年未満カップルのSEX事情

  • 同居開始3年以上5年未満カップルのSEX事情

夫婦の関係もすっかり安定するのがこの時期。SEXの頻度は月に2・3回程度が多数派なものの、その割合は約3割と新婚から同居開始3年未満の頃に比べると少しだけダウン。それでも、SEXに満足していると答えたカップルは約7割と相変わらず高め。

性のお悩み相談コーナー:性行為がマンネリに……

この時期のカップルが抱えている共通の悩みとして、「同居が長くなるにつれて性行為がパターン化してマンネリになってしまった。もっと非日常的な行為も試したいけど言い出せない」という声が。そんなとき、なるべく自然にSEXへのリクエストや提案を行う方法はあるの?

カミングアウト愛撫ゲームを!

オリビア先生
セックス・カウンセラーの間では、「女性の弁が立つと、男性が勃たなくなる」とひそかに言われています。女性が彼のテクニック、サイズ、持続力、回数について、ストレートにダメ出しすると、ショックとプレッシャーからSEXに対するモチベーションが下がり、男性機能が反応しなくなる傾向があるのです。
オリビア先生
そこで提案したいのが、「カミングアウト愛撫ゲーム」です。イマイチな愛撫に気付かせ、マンネリ解消に導くには、ダメ出しせずに、おねだりをするのが大切になってきます。おねだりの方法は「自分がしてほしい」ことを言葉でカミングアウトするのではなく、「相手にしてあげる」ことで間接的にカミングアウトし、リクエストを伝えましょう。
オリビア先生
【ルール1:彼のしてほしいことを聞く】いつものパターンでセックスが進んでいきそうになったら、「どこをどうすると、もっと気持ちよくなるか教えて」「あなたがしてほしいことを私にしてみて」と提案。

【ルール2:1の内容をそのまま彼にしてあげる】彼のリクエストがどうしても嫌ならパスもOKですが、新しい快感の扉を開くつもりでチャレンジできそうなことは試してみて。
オリビア先生
【ルール3:あなたがしてほしいことを彼にする】目隠しプレーに興味があるなら彼に目隠ししてみたり、ゆっくり時間をかけてじらしてほしいなら、彼をじらします。あなたが率先して見本を見せてあげましょう。

【ルール4:3をそのまま彼にしてもらう】最後は彼からのお返し愛撫。ゲームにのってくれた彼を、しっかりと言葉とリアクションで「こういうのしてみたかったの! 気持ちいい!」と、褒めることも忘れずに。

同居開始5年以上カップルのSEX事情

  • 同居開始5年以上カップルのSEX事情

同居生活が5年以上となると、夫婦の寝室コミュニケーションはぐっと低くなるという結果に。SEXの頻度は約4割弱のカップルが「ほぼない」と回答しているものの、SEXへの満足度は半数以上が満足しており、SEXが少ない現状にものすごく不満を抱いているわけではなさそうです。

性のお悩み相談コーナー:プチセックスレスの解消法は?

この時期のカップルの共通の悩みとして挙げられたのが、「異性としての魅力を以前より感じなくなった」「ご無沙汰過ぎてどう再開していいかわからない」というもの。プチセックスレスなこの状態を打破するには、どうすればいいの?

沈黙がセックス開始の合図

オリビア先生
ご無沙汰期間が長いと、気まずさから沈黙に耐えられなくなり、ついつい沈黙を避けるようにしゃべり続けてしまうもの。これではなかなかSEXが始まりません。会話の合間に沈黙が訪れたら、互いの視線を合わせてじっと見つめ合ってみましょう。アイコンタクトで「いい?」と確認し合ったら、自然とキスが始まるはずです。
オリビア先生
また「気分が乗らないから」と、夫からの誘いを断っていると、逆に、女性から誘うのが気まずくなってしまうもの。普段、すっぴんやジャージ姿を見せている場合「今日はしたい」という日には、お風呂上がりにかわいいパジャマに着替えて「一緒に寝よう」と誘ってみましょう。男性は、恋人同士の頃のような女性のかわいらしいしぐさや身だしなみにほろっとします。彼を意識したきちんと感を出すことが、ご無沙汰打破につながります。

妊娠期間中・産後カップルのSEX事情

  • 妊娠期間中・産後カップルのSEX事情

夫婦生活の長さに関係なく、カップルのSEX事情に大きく影響するのが子どもの誕生。妊娠が発覚した後の妊娠期間中は妊婦の体調、産後は子育てを主な理由としてSEX頻度も激減する様子。多くのカップルがこれらの期間、SEXをほとんど行っていないということがわかりました。

性のお悩み相談コーナー:妊娠中の性行為について

妻が妊娠中に多くのカップルが抱えていた悩みが、「流産が怖くて妊娠中は性行為を全く行う気になれなかった」「おなかの張りが気になって性行為を楽しめなかった」というもの。妊娠中の性行為において、気を付けた方がいいこと、気にしなくてもいいことについて、日本産婦人科学会専門医で、ポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長の清水なほみ先生に回答してもらいました。

できることを楽しんで

清水先生
妊娠中の性行為は、医学的には「できるだけしないほうがよい」と言えます。性行為が直接流産・早産の原因になるとは限りませんが、リスクを作ることにはなります。生物学的に考えると、妊娠中に次の妊娠を迎えるという行為は不自然であるといえるのです。
清水先生
ただ、SEXを控えることが産後のセックスレスの原因になるなど、その後の夫婦仲へ影響してしまっては残念なもの。完全にスキンシップをなくしてしまうのではなく、挿入を伴わない性行為を楽しんだり、挿入を行う場合は浅く短時間にするなどの体に負担のかからない工夫をして楽しんでください。
清水先生
またオーラルセックスも含めて、妊娠中こそコンドームは必須です。いわゆる性感染症でなくても、雑菌への感染で破水の原因になることがあります。また、乳首への刺激は子宮の収縮を促すため避けましょう。

性のお悩み相談コーナー:性行為を再開するタイミングは?

無事出産を終えたカップルの次なるお悩みは、ずばり性行為を再開するタイミング。「出産後は悪露がしばらく続いていた」「会陰切開の傷が痛むから、したいという気持ちに全然ならない」という妻側の体の変化にも気を使いたいところ。そんな状況の中、SEXはどんなふうに再開すればいいの?

挿入を最終目標としないのが大事

清水先生
医学的には、1カ月健診で「異常なし」と言われたらその後は性行為は可能です。ただ、体の回復具合や体力の回復状態など、そして精神状態は個人差が大きいので、1カ月たったから即再開!と思わなくても大丈夫です。
清水先生
また男性側はいつ再開していいのかわからないもの。1カ月健診を受けたらその結果報告を兼ねて「医師には大丈夫と言われた」「悪露が残っているからもうしばらくダメと言われた」「医学的には問題ないけれど自分の体力的にまだ無理」など、大体の目安を伝えてあげるとすれ違いが減らせます。
清水先生
また、性行為を久しぶりに行うときは、とにかく「挿入が最終目標」とならないことが大事。挿入以外のスキンシップをいかに充実させるかを考えた方がよいと言えます。挿入を行う際は、産後の傷の痛みや潤い不足による痛みがある場合、潤滑剤などを用いて痛みを和らげることも検討しましょう。

産後の女性の体に起こる変化への対応は?

体の変化に加えて、「産後は彼に嫌悪感を抱いてしまって、触られるのも嫌になった」、「赤ちゃんが生まれると、どうしても父親、母親になってしまうのでそういう気持ちが起こらなくなった」などのお悩みの声も多数。出産することで、女性の性欲にはどんな変化が起こっているの?

一時的なものだと理解して

清水先生
女性は産後にホルモンが大変動しますので、性行為に関することだけでなく、さまざまなメンタル面でも変調が起きます。その中で、一時的に夫への愛情が薄れてしまったり、異性として見られなくなるといった状態になることも。それらの感情を抱く理由は、赤ちゃんに対して「一人だけをしっかり愛する」という働きを持った愛情ホルモン・オキシトシンが分泌されていることが原因です。
清水先生
夫への愛情が下がったように感じる変化は一時的なものであるということを、まずは夫婦ともに理解しましょう。その上で、無理のない範囲でスキンシップを続けるということが大事になってきます。「愛情がなくなったわけではない」ことをお互いが理解して、何らかのつながりを持っておくことがポイントになります。
清水先生
また産後月経が再開するまでは妊娠しないと勘違いしている方も多いのですが、最初の月経が来る前に最初の排卵があります。産後も必ずコンドームを使用するか、使用可能な時期が来たら子宮内避妊具やピルで確実な避妊をしましょう。

SEXの頻度にかかわらず、日常のコミュニケーションが夫婦仲を左右する!

今回の調査でわかったことは、同居生活が長くなるにつれてSEXの頻度は低くなるものの、SEX自体への満足度が大きくダウンすることはないということ。夫婦仲や互いのSEXに満足しているカップルは、日常からのコミュニケーションもしっかりとれている様子。性の枠を超えて、普段からしっかりスキンシップをとることが夫婦仲円満の秘訣と言えそうです!

構成・文/島袋芙貴乃 イラスト/やましたともこ 取材協力/オリビア(ラブライフアドバイザー)、清水なほみ(日本産婦人科学会専門医、ポートサイド女性総合クリニック・ビバリータ院長)

※掲載されている情報は2017年10月時点のものです
※記事内のデータおよびコメントは、2017年9月にマクロミルモニター103人に行ったアンケートによります
 

→ 続きはこちら

一覧へ戻る

Copyright© 2015 OLIVIA All rights reserved.